ゴルフ理論(技術編)

ゴルフ理論(技術編)

どうやって技術を身につけたか

ゴルフ理論(技術編) 技術は1つ1つ積み上げるものか? 技術を身につけた過程を、ゆっくりと振り返ってみたら、多くの発見があると思います。 最初に教わることは、グリップにボールの位置ぐらいではないでしょうか。 テーク...
ゴルフ理論(技術編)

「あっさり」打つ練習

ゴルフ理論(技術編) 長いアドレスは、ミスを生みやすい 練習でも、アドレスの長い人がいます。 そして、そういうときに私はその人の顔を見たりします。 たいていの場合、何か悩んでいるか、または考えているか、そのような表...
ゴルフ理論(技術編)

練習用ゴムマットの注意すべきところ

ゴルフ理論(技術編) ナイスショットの感覚 写真のようなゴムマットの上から練習することは、当たり前のことですが、上達するためには気をつけなければならないことがあり、それは実践(コース)ではっきりとした結果で表れます。 ナ...
ゴルフ理論(技術編)

エクスプロージョンショット

ゴルフ理論(技術編) 道具を選ぶ 写真のサンドウェッジは、向かって右側が私が今使っているウェッジで、左側は特に柔らかい砂に有効なサンドウェッジです。 昔、プロのトーナメントに行って道具を提供していたとき、柔らかい砂のコー...
ゴルフ理論(技術編)

分かりやすい表現の落とし穴

ゴルフ理論(技術編) 言葉に振り回される 全てのゴルファーは、少しでも上達したいと願っているわけですから、「こうすれば上手くなれる」という話には、興味が尽きないはずです。 ただ、このような話は言葉(文字)か、動画付きの言...
ゴルフ理論(技術編)

何故インパクトを大事にしないのか?

ゴルフ理論(技術編) 「作られた」スイング 私が人(アマ、プロ関係なく)のスイングを見るとき、作られた動きがあるかどうかに目がいきます。 「作られた」動きとは、テークバックやフォロースルーで腕が極端に伸びている、フィニッ...
ゴルフ理論(技術編)

アドレスの役割

ゴルフ理論(技術編) パッティングの場合 パッティングをするとき、ボールの後ろにクラブヘッドをセットして、カップを見たらヘッドが少し右を向いていることに気づき、グリップを握り直してヘッドの向きを目標に合わせる、そしてストローク...
ゴルフ理論(技術編)

フォロースルーを意識すべきか

ゴルフ理論(技術編) 不自然な動き、作られた動きが失敗を招く 写真のようなトッププロのフォロースルーは、力強く美しく見えます。 だから我々アマチュアは、このようなフォロースルーをとりたいと願います。 肘の曲がったフ...
ゴルフ理論(技術編)

飛距離アップと方向性向上は同時に達成可能か?

ゴルフ理論(技術編) 飛距離アップのための下半身の役割 以前、下半身は土台ではなく、大きな力を生み出すところである、という話をしたことがありますが、より大きなパワーをボールに伝えるには、下半身をしなやかに、そしてスピーディーに...
ゴルフ理論(技術編)

ハンドファーストの意味

ゴルフ理論(技術編) 最下点でボールを打つ 地面の上にあるボールを打つということは、クラブヘッドが描く円軌道の、最下点付近で打たなければなりません。 正確に言うと、最下点または、最下点の少し手前(結果として少しターフが取...
タイトルとURLをコピーしました