店長の視点(AMATEURISM)

店長の視点(AMATEURISM)

上手(うまい)と下手(へた)は何故生まれるのか

店長の視点(AMATEURISM) 「私はゴルフが下手だ」とか、「あの人はゴルフが上手い」と言う会話は、日常的に聞かれるものです。 多くの人は、ゴルフを長くやっていればいるほど、それは生まれつきというか、または自分に与えられた...
店長の視点(AMATEURISM)

道具について思うこと

店長の視点(AMATEURISM) 写真は、今私が使っているサンドウェッジです。 ソールに2カ所キズが入っていますが、いずれもクリークに入ったボールを打ったときに出来た物です。 草の上にボールがのっているように見えたので...
店長の視点(AMATEURISM)

思い込み

店長の視点(AMATEURISM) 間違った情報 ゴルフに限らず、「思い込み」をすることは、日常よくあることです。 ただ、ゴルフに関して言えば、思い込みはかなり多いようです。 打ち方、道具など、情報が氾濫しているの...
店長の視点(AMATEURISM)

欠点も固まれば長所である、は真実か?

店長の視点(AMATEURISM) 「オーソドックス」を目指せば、上達するか? ゴルフのレッスン書や、DVDやテレビのレッスン番組を見てると、基本はこうであって、こうやってスイングして下さい、と説明しています。 その様な...
店長の視点(AMATEURISM)

欠点はなぜ治りにくいのか

店長の視点(AMATEURISM) 練習しなくても、スイングは変わらない 私の会社は、15年ほど前まで練習場をやっておりました。 練習場を閉鎖したあとも、ショップの方に買い物に来られたり、練習にみえる方もいらっしゃいます...
店長の視点(AMATEURISM)

道具は、どれぐらい助けてくれるか?

店長の視点(AMATEURISM) 何故「打ちやすいクラブ」に替えるのか 写真は私が使っているクラブで、一番左のサンドウェッジは4、5年前から使っていますが、今のようなソールになったのは1930年代で、ジーン・サラゼンというプ...
店長の視点(AMATEURISM)

「ボールを打つ」という意識の必要性

店長の視点(AMATEURISM) 名手のとんでもないミスショット 昨年のマスターズトーナメントのことですが、最終日首位を行くジョーダン・スピース選手が、アウトを終えた時点で確か5ストロークのリードをしていました。 客観...
店長の視点(AMATEURISM)

ゴルフのうまくいく人、いかない人、その分かれ道は

店長の視点(AMATEURISM) 才能(センス)に大きな差はない 今までに、どれほどのゴルフをやっている人を、プロ、アマを問わず見てきたか、想像もつかない事ですが、今振り返ると、ゴルフが上手くなった人(当然プロを含む)、残念...
店長の視点(AMATEURISM)

自分なりの解釈

店長の視点(AMATEURISM) 「自分なりの解釈」は、当然の行為 人から投げ方や、打ち方を教わるとき、その人がどのようなことを言っているのかを理解しようとして、色々考えるのは極めて普通の行為です。 そして、同じような...
店長の視点(AMATEURISM)

飛距離は生まれつきのもの?(後編)

店長の視点(AMATEURISM) プロ野球 王貞治氏の場合 プロ野球の最高のホームランバッターである「王貞治」氏について、少し考えてみましょう。 18才でプロに入って、最初の3年間のホームランの数は、7本、17本、13...
タイトルとURLをコピーしました