ゴルフ理論(考え方編)

ゴルフ理論(考え方編)

オリンピック スポーツと平和の祭典?

2022年の冬のオリンピック、いつもの事というか、いろいろとトラブルが出ているようです。最初に、オリンピック憲章の中にある言葉を引用します。  「スポーツを通して心身を向上させ、さらには文化、国籍など様々な差異を超...
ゴルフ理論(考え方編)

最小限必要な技術とは

 ゴルフの「技術」と言えば、ドライバーからパターまで、まさにボールを打つことです。ボールを打つといっても、いろんな技術のレベルがあり、例えばグリーンの近くからロブショットでピンに寄せる、林に入ったボールを、前方の枝の下を通して、途中からス...
ゴルフ理論(考え方編)

上手くなる技術、上手くならない技術

ゴルフ理論(考え方編) アマもプロも、少しでも上手くなりたい、すなわちスコアを良くしたいと思い、その方法を考えて、日々練習しています。 レッスンを仕事にしている人たちは、より多くの人たちがレッスンに来てもらえるように、本やDV...
ゴルフ理論(考え方編)

技術と道具は、コインの表と裏

ゴルフ理論(考え方編) 長い間、ゴルフクラブを販売していますが、お客様と色んな会話をしてきました。 その中で、こちらが返答に困る会話を少し挙げてみます。 (1)今使っているウェッジが時々引っかかる、フックボールが出る、ラ...
ゴルフ理論(考え方編)

インパクトか、フォロースルーか

ゴルフ理論(考え方編) フロースルーを意識して、インパクトに集中出来るか? フォロースルーを重視するレッスンはよく見かけますが、フォロースルーを意識することは大事なのか考えてみます。 最初に、インパクトとフォロースルーの...
ゴルフ理論(考え方編)

「基本の繰り返し」の重要性

ゴルフ理論(考え方編) 帝王(ジャック・ニクラウス)のに残した言葉 「基本を繰り返し練習していると、新しい世界がみえてくる」と、帝王ジャック・ニクラウスは述べています。 基本的な練習を繰り返しているだけでは、何も変化が起...
ゴルフ理論(考え方編)

打ちやすいように打つ

ゴルフ理論(考え方編) よいスイングをするジュニアゴルファー 小学生や中学生などでゴルフをしている子ども達の多くは、かなりいいスイングをしている場合がありますが、彼らは「力(ちから)」がない、そして身体が柔軟であるから、「打ち...
ゴルフ理論(考え方編)

「ナイスショットはもの足らないもの」佐藤精一プロの言葉

ゴルフ理論(考え方編) 身体の仕組みから考える 本当に素晴らしい言葉です。 長い間、プロゴルファーとして技術を磨いてきて、そしてたどり着いた言葉、又は技術の本質なのでしょう。 「もの足らない」という感覚は、まだ十分...
ゴルフ理論(考え方編)

「前に飛ぶ限り、ミスではない」杉原輝男プロの言葉

ゴルフ理論(考え方編) ミスなのか、当然の結果なのか 私自身のことですが、最近ラウンドしていて、よくミスショットを打ちます。 打ち方がよくないのは分かっているつもりですが、なんでこんなひどいショットを打つのか、ラウンド中...
ゴルフ理論(考え方編)

「感覚的な打ち方」とは

ゴルフ理論(考え方編) 「感覚」は言葉で説明できない 写真は、現在私が使っているサンドウエッジです。 もう、5,6年ほど使っていると思いますが、このサンドウエッジを使っているとき、感覚的に打たないとダメだと気づかされたク...
タイトルとURLをコピーしました