ゴルフ理論(道具編)

ゴルフ理論(道具編)

可変式ドライバー

明確な目的を持って使うことが大切です 写真は、最近話題になっているドライバーで、ヘッドのネック部分を調整することによって、ロフトやライ角を変えることができます。 ソールのヒール寄りに穴が空いているのが分かると思いますが、そこに...
ゴルフ理論(道具編)

ウェッジシリーズ

ロフトのお話 写真は、新たに製品としてラインナップされたウェッジシリーズで、ロフトは48、50,52,54,56,58、60度となっています。 製品の特徴としては、現在、主力として販売しているD-3モデルより、少しヘッドが丸く...
ゴルフ理論(道具編)

パターシャフト

技術の精度を高めてくれる道具 写真は、今私が使っているパターですが、ずっと重たいスチールシャフトを使っていたのですが、最近写真にある真っ黒なシャフトに換えました。 このシャフトは、カーボン繊維とガラス繊維の複合されたもので、重...
ゴルフ理論(道具編)

CRAZY(気違い?)

実際に打ってみて驚きました 「CRAZY」とは、ゴルフのシャフトを作っている会社の名前です。 昨年あたりから、時々問い合わせのあるシャフトで、私自身としてはあまり気にも留めてませんでした。 そして、この会社の人が弊社を訪...
ゴルフ理論(道具編)

元通り!?

重き荷を背負っていくが如し 写真は、市販されているクラブですが、これより軽いクラブをまずないでしょう。 総重量が247.5gです。 シャフトだけではなく、ヘッドもグリップも本当に軽いものを使っています。 このような...
ゴルフ理論(道具編)

スコアライン

バックスピンがかかる仕組みとは 今度は、スコアライン(フェースにある溝のこと)の規制です。 この溝の規制は、今年はプロのツアーのみに適用され、2014年度からはアマチュアの公式な競技に適用されます。 ただし、現段階ではク...
ゴルフ理論(道具編)

スコアライン

スコアラインはバックスピンを生み出すものではない? 弊社ウェッジの宣伝に、初めて動画をホームページに入れてみました。 撮影は、日本ラインゴルフ倶楽部の練習場で行いました。 バンカーやアプローチショットなどでき、アプローチ...
ゴルフ理論(道具編)

ロウバウンスウェッジ

ソール角が与える影響 ロウバウンスウェッジとは、バウンス(ソール)角の小さなウェッジのことです。 この数年前から、トーナメントでプロが使い始めて、この何年かは少しブーム(ただし、一部のアマチュアだけかもしれません)になっていま...
ゴルフ理論(道具編)

ギア効果

ギア効果の仕組みとは 「ギア効果」という言葉は、ゴルフ雑誌などで時々見る言葉です。 「ギア」とは、歯車のことですが、歯車と歯車がかみ合って回っているとき、1つの歯車が時計方向で回っていると、かみ合っているもう1つの歯車は、時計...
ゴルフ理論(道具編)

ヘッドの大きさ

コントロールのしやすさ 写真は、ドライバーと3番ウッドで、左からピンのG10ドライバーで、ヘッド容積が460cc、真ん中が自分としては丁度いい大きさのドライバーで370cc、一番右が3番ウッドで170ccです。 最近、タイガー...
タイトルとURLをコピーしました