ゴルフ理論(道具編)

ゴルフ理論(道具編)

カーボンシャフト

1、2年ほど前から、ちょっとしたシャフトブームのようです。 「クラブの性能はシャフトで決まる」「クラブの中で一番大事なのはシャフトである」なんて会話を耳にすると、少し納得できない気持ちになります。 シャフトメーカーから沢山の種...
ゴルフ理論(道具編)

スウィングウェイト

「私のドライバーのスウィングウェイトは、D1だ」という会話を耳にしますが、スウィングウェイトの意味をご存じない人もいると思いますので、簡単に説明します。 写真は、スウィングウェイトの測定器ですが、Bの所にグリップエンドを置き...
ゴルフ理論(道具編)

道具の規制について

まず、写真を見ていただきたい。 黒色の大きなヘッドは、私が今使っている400ccのドライバーで、上のクラブは、1980年代後半に流行ったメタルヘッドのドライバーで、ヘッド体積は大きく200ccを下回っています。 もし、同じぐら...
ゴルフ理論(道具編)

ゴルフクラブの規制について(続き)

前回のテーマについて、少しお問い合わせがありましたので、もう1回私見を述べたいと思います。 ウッド、特にドライバーは、ヘッドの大型化に伴い慣性モーメントが大きくなって、ボールが曲がりにくくなりました。 写真は、私が長い間使用し...
ゴルフ理論(道具編)

ゴルフクラブの規制について

プロのトーナメントを観ていると、20年前と比べれば、飛距離の差は歴然としています。 以前は、550ヤードのロングホールを2オンできる選手は、本当に限られていました。 ところが、現在は多くの選手がアイアンで2オンさせます。 ...
ゴルフ理論(道具編)

調子の悪いときにクラブをかえるのは・・・・・・

ゴルフの調子が悪くなると、頻繁にクラブを替える人をよく見かけます。 特に多いのが、ドライバーとパターです。 試打用のドライバーを打ってみたら、まっすぐ飛んでいったので、買いました、ということなのですが、これは私どものようにクラ...
ゴルフ理論(道具編)

アイアンのロフトについて

今回は、アイアンのロフト設定について考えましょう。 最初に、2つの例を示します。 例1は、最近日本で売られているアイアンセットの、平均的な番手とロフトのスペックです。 例2は、1970年ぐらいに売られてい...
ゴルフ理論(道具編)

クラブの重さについて

クラブのシャフトには、超軽量カーボンから、スティールまでさまざまな重量のものがあります。 さらに、グリップも、30gの軽いものから、一般的な50gぐらいのものまで、バリエーション豊富です。 ですから、超軽量のドライバーと、タイ...
タイトルとURLをコピーしました