ゴルフ理論(道具編)

ゴルフ理論(道具編)

何故ロングアイアンを使わなくなったか

ゴルフ理論(道具編) ダフッても、トップしても上がらない弾道 先週の全米オープンを見ていて、ここに登場するトッププロでさえ、バンカーからロングアイアンを使って、トップ気味のショットをすると、低いライナー性の弾道となり、やがてフ...
ゴルフ理論(道具編)

クラブがスイングを磨いてくれる

ゴルフ理論(道具編) ミスをハッキリ感じるクラブ 昔からある薄っぺらい2番アイアンと、ユーティリティを打ち比べると、ミスショットをしたときの感触が、かなり違っています。 ユーティリティの場合は、「少しトップ気味だな」とい...
ゴルフ理論(道具編)

スイートスポットの違い

ゴルフ理論(道具編) 写真は、私が使っているフラットバックの3番アイアンと、ポケットキャビティの3番アイアンです。 そして、フェースの中央に黒い点がありますが、それはそのアイアンのスイートスポットの位置を表しています。 ...
ゴルフ理論(道具編)

先端強化のないシャフト

ゴルフ理論(道具編) 大分前ですが、アメリカの会社でシャフトを作りました。 今から思うと、その時はあまり深く考えてなくて、日本に営業に来ているアメリカ人が熱心に勧めてくれるので、そして発注する量も、思ったほど多くなかったので、...
ゴルフ理論(道具編)

自分のクラブ 続編

ゴルフ理論(道具編) 前回に引き続き、私が今使っているクラブの紹介です。 使っている途中で、シャフトを換えたり色々やってきましたが、振り返ると正しかった選択も多々あります。 今回は、アイアン、ウエッジ、パターです。 ...
ゴルフ理論(道具編)

自分のクラブ

ゴルフ理論(道具編) 今、自分が使用しているクラブを、少し詳細に説明しようと思います。 これは、自分がゴルフをするにあたって必要だと思うことが、クラブ選びに現れていると思うので、意味のあることと思います。 クラブを選ぶに...
ゴルフ理論(道具編)

ボールの紹介をしてみました

ボールのご案内
ゴルフ理論(道具編)

調子の悪いときに使うクラブ!?

調子が悪いときの在り方 私が今使っている3番アイアンの写真で、上がポケットキャビティのクラブで、下がフラットバック(またはマッスルバック)のクラブですが、状況によりどちらかのクラブをキャディバッグに入れてコースに出かけます。 ...
ゴルフ理論(道具編)

DGスピナー

はっきりと差を感じました DGスピナーとはシャフトの名前で、正式には「ダイナミックゴールド・スピナー」と言い、ウェッジ専用のシャフトです。 写真を見ると、上のクラブは今私が使っているSWで、シャフトはダイナミックゴールドがつい...
ゴルフ理論(道具編)

道具の小型化

ギア効果を生むほうは 今から5、6年ぐらい前にドライバーのヘッドが460ccになり、そしてルールでもヘッド容積の上限が460ccに決められました。 そのときに、この「四方山話」で、やがてヘッドのサイズは小さくなるだろうと書きま...
タイトルとURLをコピーしました